Amtteliebe

電話番号
  • 芦屋本店:0797-23-7887
  • グランフロント大阪店:06-6377-1600
  • 江坂店:06-6380-3118
  • 河原町店:075-212-6552
資料請求 試着予約
06-6147-5558

x

x

x

BLOG

新郎様の手元を彩るのは…

こんにちは。

いつもアンテリーベのブログをご覧頂きまして、

誠にありがとうございます。

 

 

 

今日は、新郎様がタキシードをお召しになる際、

手元を彩る【カフスボタン】についてお話したいと思います。

 

カフスボタンとは、シャツの袖口を留める装飾ボタンの事です。

海外では「カフ(袖)」を「リンク(合わせる)」との事で、

【カフスリンクス】と呼ばれています。

 

 

はじまりは17世紀のフランス。

洋服の袖口は、リボンやレースで飾るのが一般的でしたが、

シルバーやゴールドの金具で止めるのが流行し、

それがカフスボタンの起源だそう言われているそうです。

 

この頃のカフスボタンはハンドメイドのものが多く、

上流階級の人々のお洒落とされていましたが、

産業革命で大量生産が可能になるにつれ、

一般市民にも浸透するようになったと言われています。

 

今では、いろんなデザインや様式のものがたくさんありますが、

結婚式で新郎様が身に付けるカフスボタンは

【白蝶貝】【オニキス】【クリスタル】等が、相応しいとされています。

 

皆様をおもてなしする主役の立場として、

是非、細部までマナーの行き届いた装いで当日をお迎えくださいませ。

 

 

アンテリーベにてお取り扱いしている小物類は、

ご試着の際にも実際に身に付けて頂くことが可能です。

 

衣裳店にご来店されると、女性スタッフも多いため、

つい圧倒されてしまう男性も少なくないのですが、

新郎様の装いに関しましても、ご遠慮なくご相談いただければと思います。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。