Amtteliebe

電話番号
  • 芦屋本店:0797-23-7887
  • グランフロント大阪店:06-6377-1600
  • 江坂店:06-6380-3118
  • 河原町店:075-212-6552
資料請求 試着予約
06-6147-5558

x

x

x

BLOG

和装小物の意味と儀式について

いつもアンテリーベのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今回は花嫁様とお母様の儀式についてご案内いたします。

 

挙式へむかう花嫁様にお母様がする最後のお支度…

洋装では、ドレス姿の花嫁様と、お母様の親子の絆を演出する儀式『ベールダウン』には、

「邪悪なものから花嫁様を守る」という意味合いがあります。

 

和装小物にもそれぞれ意味が込められていて、「幸せ」を願ったり「自立」する意思を表しています。

大切に育てた花嫁様の、身にまとうものがどんなものであれ、嫁ぐ前は「幸せになって欲しい」と

送り出すお母様の想いは同じ。

 

そんな思いを形にできる儀式が、和婚スタイルにもあります。

和装婚をもっと楽しんでいただく為に、和装小物に込められた意味や、

儀式をいくつかご紹介したいと思います。

 

*筥迫(はこせこ)*

筥迫は、江戸時代に化粧道具やお懐紙を入れた化粧ポーチのようなもので、

着物の胸元に差し込む小物です。

筥迫には『私は、夫以外の男性に染まりません。』という力強い意思が込められています。

 

*筥迫(はこせこ)の儀*

結婚式では母からの手紙とお守りを入れた筥迫を花嫁の最後の身支度として

胸元に差し込んでもらうという儀式があります。

『いつも女性として美しくありなさい」と、想いを込め、母は永遠の幸せを願います。

 

 

*懐剣(かいけん)*

懐剣は、布で出来た袋の中に短刀が入っていて、帯の左側にさします。

懐剣は、短剣が入っていることから魔よけの意味が込められています。

また、『自分の身は自分で守ります』という凛とした女性の意思も込められています。

*懐剣の儀*

『身を守り夫をまもり そして子供を守るその覚悟をもちなさい』

こちらも嫁ぐ娘の行く末の幸せを願い、花嫁支度の仕上げとして筥迫と一緒に新婦の胸元に

懐剣を差して飾ります。

婚礼においては懐剣は新しい人生へ旅立つ花嫁を様々な災いから守る役割とされて

今後の夫婦円満と無病息災を祈ります。

 

 

もちろん、意味を知っていて身につけるだけでも良いですが、意味を知っているからこそ、

あえてお母様にお支度を手伝ってもらうと感慨深いものになりますね。