Amtteliebe

電話番号
  • 芦屋本店:0797-23-7887
  • 銀座店:03-3569-0370
  • グランフロント大阪店:06-6377-1600
  • 江坂店:06-6380-3118
  • 河原町店:075-212-6552
資料請求 試着予約
06-6147-5558

x

x

x

BLOG

姉として・スタイリストとして!

兵庫・大阪・京都/ドレスショップ/アンテリーベ

こんにちは
河原町店 塩見でございます
前回のブログで妹が結婚する事について書かせて頂きました
そして、6月19日に無事 結婚式を致しました
長々となりますが、良ければお付き合いをお願い致します
まずは、家族として・・
本当に心の底から妹と家族で良かったと思えました
お祝いとして、家族で余興を致しました
家族が余興だなんて今まで何度も披露宴に出させて頂いておりますが、初めて
家族で歌を歌いました
手作りの楽譜を持って意気込みました
IMG_6540.jpg
歌った歌は《糸》です。
皆様はご存知でいらっしゃいますか?
なぜ めぐり逢うのかを
私たちは なにも知らない
いつ めぐり逢うのかを
私たちは いつも知らない
どこにいたの 生きてきたの
遠い空の下 ふたつの物語
縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かを
暖めうるかもしれない
なぜ 生きてゆくのかを
迷った日の跡の ささくれ
夢追いかけ走って
ころんだ日の跡の ささくれ
こんな糸が 何になるの
心許なくて ふるえてた嵐の中
縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かの
傷をかばかもしれない
縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合せと呼びます
父から、妹夫婦に向けてメッセージを・・
歌詞の中にある【仕合せ】とは【運命の巡り合わせ】とうい意味だということ。
妹夫妻は、巡り合わせの奇跡の中で出会い、この日を迎えました。
縦の糸と、横の糸にお互いがなる事により、紡いでいく。
妹の名前は『結(ゆい)』と言います。
結という漢字にも『糸』が使われています。
縦の糸と横の糸になって、人と人を繋げていく。
そういう意味を込めて、名前をつけたのだと。
【仕合せ】を【幸せ(HAPPY)】に変えていって欲しいと・・。
【仕合せ】と呼べる【幸せ】に巡り逢ったのだと・・。
姉として、家族として、挙式⇒披露宴に出て、
本当に回りに愛されている2人だと感激致しました
次に、アンテリーベのスタッフとして・・
新作のタキシード【EDWARD】&ウエディングドレス【EMBELLIR】をお式ではお召しくださいました
細身のタキシードに、全身ふんだんにタッキングが施されたドレス
PICT0876.jpg
写真を撮っても、とてもバランスが良いのです
PICT0900.jpg
タッキングが全体的に入っているので、立体感も出て見ごたえがあります
挙式の入場時には、母親よりベールダウンをして貰っておりました。
P1010096.jpg
嬉しさ半分・寂しさ半分の気持ちが母も、妹も感じている瞬間なのでしょうね。。
さて!!
お色直しには、ご新郎様は赤色の蝶ネクタイ&チーフのセットで、よりお洒落なイメージに
ご新婦様は、大きい大輪のコサージュをヘッドに付けて高砂席に座ってもインパクトのある仕上がりに
ネックレスも長めのものを使用し、よりスタイリッシュに仕上げました
PICT0922.jpg
グローブも変えて、イメージチェンジ
お色直しでは、和装をお召し頂きました
各卓写真では、全員のゲストの方々と写真を撮られましたが・・抜群に映えます
ちゃっかり私も写っております・・(笑)
PICT0956.jpg          PICT0963.jpg
存在感と、はっきりした赤色でより、元気なイメージに
黒色の紋付袴で、格式高く
PICT0977.jpg
親族として、衣裳のスタイリストとして・・
感無量の1日でした。
一緒になって選んだ衣裳が、こんなにも晴れの日の舞台で輝くということ。
記憶に残るということ。
なんて幸せな仕事をさせて頂いているのだろう。と心の底から思い、感じました。
震災から111日が立ち、まだまだ心の傷は癒えませんが、
新しい家族が出来るということ。
この空間に笑顔が溢れるということ。
かえがえのない時間だということ。
一生忘れられない1日となりました。
これから、私とお出会いして頂く将来の花婿・花嫁様。
既に出会って頂き、毎回楽しい時間を過ごさせて頂いている皆様。
共に時間を共有し、思い出を作り、作ろうとしていることに
心より感謝をすると共に、御礼を申し上げます。