Amtteliebe

電話番号
  • 芦屋本店:0797-23-7887
  • 銀座店:03-3569-0370
  • グランフロント大阪店:06-6377-1600
  • 江坂店:06-6380-3118
  • 河原町店:075-212-6552
資料請求 試着予約
06-6147-5558

x

x

x

BLOG

京都の夏

兵庫・大阪・京都/ドレスショップ/アンテリーベ

皆様、こんにちは
アンテリーベ河原町店・スタイリストの山本と申します!
梅雨も明け、暑い日が続いておりますが
夏バテなどされていないでしょうか?
さて、京都の夏といえば・・・・・・・そう!
『 祗園祭 』
祗園祭で夏の訪れを感じる京都の方も多いのではないでしょうか?
祗園祭は7月1日から1ヶ月間にわたって行われる、日本三大祭のひとつです。
その中でも、7月14日~16日は「宵山」、
17日は「山鉾巡行」「神輿渡御」が行われ、
毎年数10万人以上の人が集まるそうです。
↓こちらは14日の四条烏丸交差点の様子です。
祇園祭3 2
す、すごい人です。
(ちなみにこの日は約15万人の人が訪れたそうです!)
そしてこちらが山鉾
↓↓↓↓↓↓↓↓
a.jpg
b.jpg
全部で32基ある山鉾の提灯がともると、とっても風情があります!
そのほかにも「屏風祭」といって町家で美術品も公開されています。
c.jpg
写真からですが、少し祗園祭の雰囲気を
楽しんでいただけましたでしょうか?
そして17日の「山鉾巡行」は祗園祭のハイライト
一番の見所は“辻回し”と呼ばれる交差点での方向転換!
10トンを超える重量がある鉾を30~40人の男性達が力を合わせて引っ張ります。
路面に青竹を敷き、水をかけて滑らせながら向きを90度回転させるのです。
「よーいとせー!」という掛け声や
「コンチキチン」という御囃子の音とともに
ギシギシと音を立ながらの光景は圧巻です!!
この辻回しはアンテリーベ河原町店のすぐそばにある
四条河原町の交差点でも行われます。
是非京都にお越しいただき、
祗園祭で夏を感じていただければと思います。
そしてアンテリーベ河原町店へのご来店もお待ちしております
最後に祗園祭に関するトリビアを1つ
「祗園祭のときはキュウリを食べてはいけない」
(へぇ~~~)
八坂神社の祭礼である祗園祭。
その八坂神社の紋とキュウリの断面が似ているからだそうです。
・・・と言いながら、宵山の屋台でキュウリの一本漬けが売られていたような。。。
それでは皆様、素敵な夏をお過ごしくださいませ