Amtteliebe

電話番号
  • 芦屋本店:0797-23-7887
  • 銀座店:03-3569-0370
  • グランフロント大阪店:06-6377-1600
  • 江坂店:06-6380-3118
  • 河原町店:075-212-6552
資料請求 試着予約
06-6147-5558

x

x

x

BLOG

ご新郎様の家紋

兵庫・大阪・京都/ドレスショップ/アンテリーベ

皆様こんにちは
河原町店メンテナンスの辻です
今回はご新郎様の紋付に付ける家紋についてお話します
少し話が堅くなるかもしれませんがお付き合い下さい
家紋とは
特に日本において古くより出自といった
自らの家系、血流、家柄・地位を表すために用いられてきた紋章です。
他に紋所(もんどころ)や紋とも呼ばれます。
家紋は日本だけで241種、5116紋以上の家紋があります。
家紋は武家や公家が家紋を使用されていて、戦国時代によく出てきますよね。
時代をさかのぼると、室町時代頃から紋章をつけた衣服のことを礼服と呼びますが、
この礼服に必ず家紋をつけるという発想や考えがまだ一般化されていなかったようです。
一般化されるようになったのが江戸時代からで
「羽織(はおり)」や「裃(かみしも)」など礼服・正装の衣服に
家紋を入れるようになりました。
家紋を持っていなかった人々も家紋を必要とする機会が生まれ、
豊臣秀吉の吉例によって「五三の桐」紋が下層庶民に好まれました。
ちなみにアンテリーベの衣裳に元々付いている家紋は「丸に違い鷹の羽(まるにちがいたかのは)」
という家紋です。
それ以外の家紋はお客様一人一人に合わせて家紋を取り揃えております。
(アンテリーベでは紋付の種類によっては家紋をお付けできない商品もございます。)
ここからは一般的に多い家紋をご紹介いたします。
・丸に違い鷹の羽(まるにちがいたかのは)
こちらの家紋は忠臣蔵の浅野家の紋と同じ紋。
肥後の菊池一族と同じ紋であったことも有名です。
こちらがアンテリーベの紋付に付いている家紋です。
丸に違い鷹の羽
・丸に五三桐(まるにごさんぎり)
丸に五三桐
・丸に剣片喰(まるにけんかたばみ) 
丸に剣片喰
・丸に抱き茗荷(まるにだきみょうが)
(※丸に五三に(の)桐」とも言う)
丸に抱き茗荷2
・丸に橘(まるにたちばな)
丸に橘
このほかにもたくさんありますがほんの一部を紹介させて頂きました。
皆様のお家には必ずある家紋ですので一度ご家族の方に聞いてみて下さい。
自分の家の家紋が分からない、ご家族の方々が分からないという方!
一番すぐに分かる場所があります。
それはご先祖様が眠るお墓です。
8月にはお墓参りの時期ですのでその時に確認をしていただいても良いかもしれませんね。
他にも変わった家紋がたくさんあります
大根 ⇒ 大根紋  波かけ舟 ⇒ 帆掛け舟紋
ムカデ ⇒ ムカデ紋  鶴 ⇒ 鶴紋
 ⇒ 蓮紋  亀  ⇒ 亀紋
色々調べると本当に面白いので皆さんもぜひ調べてみてくださいね