Amtteliebe

電話番号
  • 芦屋本店:0797-23-7887
  • グランフロント大阪店:06-6377-1600
  • 江坂店:06-6380-3118
  • 河原町店:075-212-6552
資料請求 試着予約
06-6147-5558

x

x

x

BLOG

幸せの文様 宝尽くし

兵庫・大阪・京都/ドレスショップ/アンテリーベ

はじめまして。メンテナンスの小森です。
8月に入り、暑さも回復してきましたが、皆様元気に過ごされていますでしょうか。
どうか、普段以上にご自愛下さいませ
暑い夏ですが、京都ではやっぱり和装が人気です。
結婚式では、鶴亀や松竹梅、はじまりを表す桜が人気ですが、今回は合わせて使われることの多い
宝尽くし文様についてご紹介いたします。
吉祥文様(縁起の良い文様)のひとつで、中国の「八宝」思想の影響を受けて始まったと言われてい
ます。(地方により内容が少し異なります)。
■打ち出の小槌
物を作り出す鎚は、願いを叶えてくれる象徴とされています。
IMGP0741.jpg
■丁子(ちょうじ)
香辛料、お香にも使われるクローブの日本名。健康を守る効能があります。
IMGP0754.jpg
■隠れ笠・蓑
災厄から身を隠す、身を守ってくれるものです。
IMGP0760.jpg
■宝鍵(ほうやく)
大切なものを守ってくれる鍵です。
IMGP0761.jpg
■巻物
書画巻は、智恵を授けてくれると言われています。
IMGP0763.jpg
■金嚢(きんのう)
お財布や、宝物が入った袋とされています。
IMGP0752.jpg
■分銅
秤の基準で、物事を正確に見極めるためのものです。
IMGP0767.jpg
このように、室町時代より招福を願う気持ちが込められており、
めでたさの限りを尽くした宝尽くし文様は、
皆様の幸せのお手伝いをしてくれるかもしれません
和装商品を選ばれる際のご参考になればと思います