Amtteliebe

電話番号
  • 芦屋本店:0797-23-7887
  • グランフロント大阪店:06-6377-1600
  • 江坂店:06-6380-3118
  • 河原町店:075-212-6552
資料請求 試着予約
06-6147-5558

x

x

x

BLOG

留袖について

兵庫・大阪・京都/ドレスショップ/アンテリーベ

皆様、こんにちは
アンテリーベ河原町店の辻です。
すっかり季節も秋になりましたが、暑くなったり寒くなったりしていますので
お体には気をつけてくださいね。
さて今回は、お母様がお召しになる『留袖』についてお話します
お母様にも参考にしていただける様に留袖の種類と柄、そして
どのような帯が合うのかをご紹介したいと思います。
komon_vld.jpg
留袖について
留袖は既婚者女性の第一礼装で黒留袖色留袖があります。
黒留袖は、染め抜きの日向紋5つ、江戸褄模様(※1)、比翼(※2)がついたものが一般で
用途は祝賀用となります。
※1:江戸褄模様とは?・・・着物の上前の前身頃と褄に模様があることです。
※2:比翼とは?・・・外見からは重ねて着ているかのように見える仕立てのことです。
身内の結婚式や仲人の席など、親戚列席者となる方が着用します。
留袖 1 留袖 2
色留袖は結婚披露宴に招かれたときや初盆のときなどに着用します。
色留袖の場合は、黒留袖よりは格式が少し軽くなり、紋も3つ紋の場合が多いようで
昔ほどこだわらなくなりました。
アンテリーベでは色留袖には3つ紋が付いています。
色留袖 1 色留袖 2
柄付けと年代
若い方には、色や柄が華やかで可愛らしい感じのものがおすすめ
全体的に柄が入っている総絵羽模様に近い柄付けのものを選ぶとよいですね。
ご年配の方は、柄があまりこみ合わず裾の方にすっきりした模様が入っているような
落ち着いたものが良いでしょう
しかしあまり渋すぎるものを選ぶとさびしい印象になってしまいますので
ご自身に良く合った着物に出会えるとよいですね。
留袖に合わせる帯
黒留袖・・・昔は丸帯が一般的でしたが、生地が厚く締めにくいため
現代では袋帯が一般的です。
金や銀などの箔の付いた格調高いものを二重太鼓で締めます。
黒留袖に金の帯をあわせて
色留袖・・・紋が入っていれば、黒留袖に次ぐ礼装となりますので
こちらも金や銀などの箔を用いた格調高い柄ゆきのものを二重太鼓で締めます。
komon_vld.jpg
いかがでしたか?簡単に説明させて頂きましたがぜひ参考にしてみて下さいね