Amtteliebe

電話番号
  • 芦屋本店:0797-23-7887
  • グランフロント大阪店:06-6377-1600
  • 江坂店:06-6380-3118
  • 河原町店:075-212-6552
資料請求 試着予約
06-6147-5558

x

x

x

BLOG

バージンロードの歩き方

兵庫・大阪・京都/ドレスショップ/アンテリーベ

こんにちは
河原町店メンテナンススタッフの吉川です。
すっかり秋の風になったかと思えば日中は暑かったりで
洋服も何を着ればいいか迷う季節ですね。
さて、今回はバージンロードの歩き方を少しお話したいと思います
バージンロード
アンテリーベでは、お式前の最終フィッティングの時、実際にドレスをお召し頂き
ウォーキングの練習を行っています。
御新婦様はドレスを着て歩くのが難しく、特に床が絨毯のところは
ドレスの裾が引っかかってしまい、スムーズに歩けない事が多いのです
そこでドレスを着た時の歩き方のポイントを幾つかご紹介いたします。
・ポイント
ドレスを内側から持つ
内側もしっかり持つ事でドレスが足元にまとわりつきにくくなり
歩きやすくなります
ブーケを持つ場合は、親指と人差し指でブーケを、残りの3本の指で
ドレスを
、という感じで、片手全体でしっかりと持っていただきます。
(当日はアテンドの方が綺麗に持たせてくれますので、安心してくださいね)
ブーケの手元はこのような感じです。
ブーケの持ち方
生花は水分があるため少し重みがございます。
しっかり持ってくださいね
ドレスとブーケを持った様子
・ポイント
足の甲を伸ばす
よく「ポーンと蹴るように」といいますが、足先で蹴るのではなく
膝下~足の甲をまっすぐ伸ばすイメージで歩くと
「蹴ってます」と言う感じがしません
ドレスできれいに歩くために
・ポイント
エスコートは半歩前を
入場の際のお父様もしくはお母様、退場の際の御新郎様のエスコートは
御新婦様の少し前を歩きます
エスコート役の方にしっかり支えてもらう事でバランスも安定します
歩く時にドレスの裾が気になったり、エスコート役と歩調を合わせようとするあまり
目線が下がってしまいがちですが、多少合わなくても
目線を前に堂々と歩いた方がキレイですよ
一生に一度の場面で歩き方ばかり気になってしまってはもったいないですし
当日は一番近くに居るアテンドの方に、最終フィティングの際の練習ではスタッフに
お気軽にご相談くださいね
皆さまのご来店心よりお待ちしております