Amtteliebe

電話番号
  • 芦屋本店:0797-23-7887
  • グランフロント大阪店:06-6377-1600
  • 江坂店:06-6380-3118
  • 河原町店:075-212-6552
資料請求 試着予約
06-6147-5558

x

x

x

BLOG

幸福のお菓子・アーモンドドラジェ

兵庫・大阪・京都/ドレスショップ/アンテリーベ

皆さま、こんにちは
本年度最後のブログは、芦屋本店スイーツ好きの西尾より
アーモンドドラジェ』についてお話させていただきます
アーモンドドラジェ』とは...
アーモンドを砂糖で包んだお菓子のことで
イタリアのシシリー島で作られたのが始まりとされています。
その歴史は古く、紀元前177年にはローマ貴族であるファビウス家で
結婚の内祝子供の誕生祝いとして使われ
町中の人に配られたという記録が残っています!
その後「手にした人には幸福が訪れる」「子宝に恵まれる」という
言い伝えと共に世界中に広がったのだそう。
アーモンドドラジェ
アーモンドドラジェは「健康」「富」「永い生涯」「繁栄」「幸福」
の5つを願って5個入りの物を配るそうです
また披露宴のお開きの際に花嫁のヴェールを切った布で包んで渡すという
話もあるのだとか...
そんなドラジェの材料であるアーモンドにはたくさんの伝説があり
その中でも有名なのが、ギリシャ神話における
王女フィリスと青年デモフィーンとの伝説です
トロイ戦争からの帰り道、船が難破しトラキアに漂着したデモフィーンは
王女フィリスと恋に落ちます
船が修復後、ギリシアへ戻るデモフィーンは
再びトラキアへ戻ってフィリスと結婚することを約束しましたが
ギリシアで彼女よりも美しい少女に出会い、恋に落ちてしまいます...
毎日、海岸に立ちデモフィーンの帰りを待ちわびていたフィリスですが
やがて重い病にかかり息を引き取りました。
それを知った彼は急いでトラキアに戻るも
彼女の亡骸は神々によって「アーモンドの木に変えられていました。
デモフィーンがその木にすがりついて泣くと
アーモンドは見事な美しい花を咲かせるようになったのだそうです。
そのため、アーモンドは『不滅の愛』の象徴とされています。
きっとそんな神話から、結婚の内祝としてアーモンドドラジェ
広まっていったのでしょうね
パルテノン神殿 アーモンドの木
Original Update by *clairity* Yves Remedios
見た目にもとてもキュートなアーモンドドラジェ
ご結婚されるお二人を祝福してくださる大切な方々に
感謝の気持ちと皆さまの「幸福を願って
披露宴二次会アーモンドドラジェを贈られてみてはいかがでしょうか?
『不滅の愛』
ドレスショップ アンテリーベは各店とも
2011年12月29日(木)~2012年1月4日(水)まで休業させていただきます。
新年は1月5日 11:00より営業し、皆さまのお越しをお待ちしております。
それでは皆さま、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ