Amtteliebe

電話番号
  • 芦屋本店:0797-23-7887
  • グランフロント大阪店:06-6377-1600
  • 江坂店:06-6380-3118
  • 河原町店:075-212-6552
資料請求 試着予約
06-6147-5558

x

x

x

BLOG

お持ち物について

兵庫・大阪・京都/ドレスショップ/アンテリーベ

皆さま、こんにちは!アンテリーベ河原町店 スタイリストの山本でございます
さて、本日は挙式当日のお持ち物についてお話したいと思います
衣裳を素敵にお召しいただくために
ご新婦様の華やかなドレスやお着物、そしてご新郎様のタキシードや羽織・袴を
素敵にお召しいただくためには、なくてはならないものがいくつかございます
そして、挙式当日に必要な物の中でもお客様ご自身でご用意いただく物が次のとおりです
まず洋装の場合、ご新婦様は「ストッキング」と「ハンカチ
ご新郎様は「肌着(下着)」と「ハンカチ」が必要です。
「ベール」や「グローブ」「ウィングカラーのシャツ」「サスペンダー」等も必要ですが
こちらはアンテリーベで販売の物もご用意致しておりますので
お持ちでない方はお気軽にお申し付けください
お持ち物リスト&ご新郎様シャツセット
左:持ち物リスト
右:ご新郎様シャツセット 26,250円~

一方、和装をお召しになる場合はといいますと…
ご新婦様は「肌着」「裾除け(すそよけ)」「タオル(2~3枚)」「足袋(たび)」
ご新郎様は「肌着」「ズボン下」「バスタオル(1枚)」「足袋」が必要です。
これらはアンテリーベで販売の物をご用意していないので
全てご自信でご用意いただくことになります。
ここで「裾除け?ズボン下?タオルって何に使うの」という疑問もあるかと思いますので
詳しくご説明させていただきますね!
まず、ご新婦様の「肌着」は別の名称で「肌襦袢(はだじゅばん)」とも呼ばれます。
肌着は直接お肌に触れるものですので、綿やシルクなど肌ざわりがよく吸湿性の高いものが
おすすめです。
裾除け」は、お着物や長襦袢(着物と肌着の間に着る物)の汚れや傷みを防ぎ
足さばきを良くするためのものです。
また、関西地方では「裾除け」ですが、関東地方では「蹴出し(けだし)」と
呼び方に違いがあるようです。
最近では「肌襦袢」と「裾除け」が一緒になった「ワンピース型」の物もございます。
どちらをご用意いただいても結構です。
足袋」は皆さまご存知かと思いますが、草履(ぞうり)をお履き頂く際の靴下です。
ご新婦様・和装のお持ち物
ご新婦様・和装のお持ち物
ご新郎様の「肌着」は洋装の肌着と同様の物で結構です。
胸元から肌着が見えてしまわないようU首かV首の物を
ご用意くださいませ。
また、汗をかかれると思いますので、着用される衣裳点数に合わせて
肌着をご用意されることをおすすめします。
次に、「ズボン下」ですが、男性用の肌着で「ステテコ」と言うと
お分かりいただけるかと思います。
最後に「タオルですが、こちらは汗ふき…ではなく補正用です
和装の場合、体に凸凹がある状態で着ると余分なシワや縮みができ
着崩れの原因になりますので、タオルで補正することで体全体をなだらかな筒型にするのです
また、紐などが体に直接当たるのを防ぎ、苦しさを軽減してくれる役割もあります
華やかな衣裳ほどは目立たないけれど、どれも大切な役割を果たす物ばかりです
ご準備いただいたら、後は最高の一日をお過ごしください
これからも、たくさんの素敵なご新郎様・ご新婦様にお会いできることを
スタッフ一同楽しみにして、ご来店を心よりお待ち致しております