Amtteliebe

電話番号
  • 芦屋本店:0797-23-7887
  • グランフロント大阪店:06-6377-1600
  • 江坂店:06-6380-3118
  • 河原町店:075-212-6552
資料請求 試着予約
06-6147-5558

x

x

x

BLOG

お雛様(おひなさま)の衣裳について

兵庫・大阪・京都/ドレスショップ/アンテリーベ

皆さまこんにちは
河原町店メンテナンスの小森です。
まだまだ寒い日が続きますが、この冬を乗り越えると
もうすぐ春ですね
本日は一足早く、春の節句にちなんでお雛様(おひなさま)」の衣裳に
注目したいと思います
ひな祭り(桃の節句)
お雛様」の着ている衣裳といえば「十二単(じゅうにひとえ)」が思い浮かびますが
正式には「五衣唐衣裳(いつつぎぬからぎぬも)」と呼ぶそうです。
雛人形」は天皇と皇后の婚礼を再現した、いわば1200年以上前の日本のロイヤルウエディング」。
その皇后の衣裳ですから、日本伝統の「ウエディングドレス」とも言えますね!
雛人形
雛人形」は、今でもたくさん重ね着をしているものが高価とされていますが
平安時代の女性たちが実際に重ね着をしていた時は、20kgにもおよび
歩くのも大変でした…
現在では、ドレスがコルセットなしで着られるようになったのと同様に
重ね着はせずに良い部分や全体の雰囲気だけを残し、花嫁衣裳として
気軽にお召しいただけるようになっています
ドレスショップ アンテリーベでもこちらのような衣裳をご用意していますよ。
立枠丸鶴(王朝重ね打掛)・鳳凰丸紋(八王朝重ね打掛)
左:立枠丸鶴(王朝重ね打掛
右:鳳凰丸紋(八王朝重ね打掛)

通常の色打掛とはまた違った雰囲気で、とても新鮮ですよね
子供の頃から「お雛様」の衣裳が憧れだった!という花嫁様や
ご自分らしいスタイルでの和装をご希望の花嫁様は、ぜひご検討くださいね
皆さまが「運命の一着」と出会い、「お雛様」のように素敵な挙式となりますように...