Amtteliebe

電話番号
  • 芦屋本店:0797-23-7887
  • グランフロント大阪店:06-6377-1600
  • 江坂店:06-6380-3118
  • 河原町店:075-212-6552
資料請求 試着予約
06-6147-5558

x

x

x

BLOG

結婚記念日のお話

兵庫・大阪・京都/ドレスショップ/アンテリーベ

皆さま、こんにちは♪
あいにくの雨で、咲きかかっていた桜の様子がちょっと心配ですね
さて、今日は結婚後、お二人の新しい記念日となる大切な一日、
結婚記念日(wedding anniversary)についてのお話をいたします
金婚式のケーキ
Original Update by mRio
結婚記念日を祝う風習は、17世紀のフランス、または19世紀のイギリスから始まったとも言われています。
昔は5年毎に祝っていたのですが、アメリカを経由し、日本に伝わる頃には
回数が増え、15年目までは毎年名称がつけられています。
日本では、明治27年に明治天皇がご結婚25周年の「銀婚式」を挙げられたのをきっかけに
広く一般にも浸透していったようです。
海外では旦那様から奥様へ下記のようなギフトを贈るようですが
お互いにプレゼントしあうのもいいですよね
1周年:紙婚式(ペーパー婚式) 
例えば上質な手帳やこの一年の思いを綴った手紙など…
宝くじなんていうのも遊び心があるかも!?
2周年:綿婚式
ハンカチやエプロンなど、コットンでできたものを。
3周年:革婚式
毎日使う財布やバッグなど。
レザー製品は長く使えて愛着もわくので記念日以外でも贈りたいですよね。
4周年:書籍婚式
花婚式ともいって、お花でもいいそうです。
5周年:木婚式
木製のフォトフレームや漆器など。
最初は柔らかく軽いものですが、だんだんと硬く高価なものへと
変わってゆきます。
15周年目以降になると水晶、ルビーなどの宝石類が中心
有名な金婚式50周年目60周年(または75周年)がダイヤモンド婚式です
いつまでも仲の良い夫婦で♪
Original Update by Tobyotter
結婚したお二人にとって、結婚記念日は何十年経っても忘れることのない
一日ですよね。
ギフトでなくても、お気に入りの場所で1日ゆっくり過ごしたり
おいしいものを食べたり…
二人の写真を毎年一枚ずつ撮り続けアルバムに加えていくだけでも
かけがえのない思い出となるのではないでしょうか?
そのアルバムの一枚目はもちろん、結婚式当日のドレス姿
5年先、10年先、何十年先の結婚記念日に挙式当日を振り返った時、写真を見ながら
やっぱり、このドレスにして良かったよね」と思える…
そんなドレスとの出会いを、ドレスショップ アンテリーベでかなえていただけると
嬉しいです♪