Amtteliebe

電話番号
  • 芦屋本店:0797-23-7887
  • グランフロント大阪店:06-6377-1600
  • 江坂店:06-6380-3118
  • 河原町店:075-212-6552
資料請求 試着予約
06-6147-5558

x

x

x

BLOG

白無垢を纏う意味

芦屋・大阪・京都/ドレスショップ/アンテリーベ
こんにちは!
ドレスショップ アンテリーベ河原町店
スタイリストの榎原でございます。
和の花嫁衣裳には、
・白無垢
・色打掛
・引き振袖
と、大きく分けて3種類がございますが、
本日は、ぜひお勧めしたい『白無垢』についてお話させて頂きます。
《白無垢とは・・・》
婚礼衣裳の中で一番格上といわれております。
頭のてっぺんから爪先まで、『清浄潔白』をあらわす白色を全身に纏った衣裳です。
am20140618_1.jpg
松竹梅
am20140618_2.jpg
四季孔雀紋
《綿帽子とは・・・》
白無垢のみにつけることができ、
ウエディングドレスのベールと同様
『挙式が済むまで、花婿以外の人に顔を見られないようにする』
という意味合いがございます。
am20140618_3.jpg
白無垢『金更紗鶴
《角隠しとは・・・》
女性がお嫁入りするにあたり、怒りを象徴する角を隠すことで、
従順でしとやかな妻となることを示します。
かつて、女性は嫉妬に狂うと鬼になるといわれていたため、
鬼になることを防ぐための一種のおまじないのようなものですね。
白無垢・色打掛・引き振袖共につけることができます。
am20140618_4.jpg
色打掛『宝尽くし地に四季花丸文様

また、婚礼の3原色といわれている色があります。
・白= 嫁ぎ先の家風に染まる
・赤= 一生懸命お仕えする決意
・黒= 嫁いだ後に他の色に染まらない
《白色》
古来日本では、太陽の光の色と考えられ、神聖な色とされており、
花嫁衣裳に純白が尊ばれるようになりました。
《赤色》
白無垢は全身を白色で統一したものですが、裏地が赤色のものもございます。
こちらは、婚礼の3原色『赤色』を取り入れた衣裳です。
am20140618_5.jpg
松羅御所車紋
『内に秘める情熱』や『一生懸命にお仕えする決意』
という意味が込められております。
このように、花嫁様にとって、白無垢を着るということは、
『結婚式に対する決意』を、大勢の前で披露するということになります。
純粋無垢な白無垢を身に纏い、神聖な結婚式をされてみてはいかがでしょうか。
河原町店は、和装の種類も豊富に揃えておりますので、
おふたりらしい結婚式をして頂くためのアドバイスをさせて頂きます。
ぜひ一度、ご来店下さいませ。