Amtteliebe

電話番号
  • 芦屋本店:0797-23-7887
  • グランフロント大阪店:06-6377-1600
  • 江坂店:06-6380-3118
  • 河原町店:075-212-6552
資料請求 試着予約
06-6147-5558

x

x

x

BLOG

和装の花嫁が胸元に秘める小物の意味とは…?

いつもアンテリーベのブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

本日は河原町店より、

和装の時に身に付ける小物と、その意味合いをご紹介いたします。

 

 

新婦様の胸元に添えられた小物たち。

まず、着物の合わせ部分から少し覗かせて用いる【筥迫(はこせこ)】は

現代のお化粧ポーチのような役割でした。

小さな手鏡や懐紙、香袋などを入れる、女性のたしなみの象徴とされていました。

 

 

左胸に差し込まれているのは【懐剣(かいけん)です】

「女性であってもいざというときは自分の身を守れるように」と、

親が娘に持たせた嫁入り道具のひとつだったと言われています。

 

 

 

アンテリーベでは、様々な色とデザインの筥迫や懐剣をご用意しております。

特別な一日に、自分らしくいられるよう好きな色を身に付けてみませんか?

もちろん、スタイリストが

会場や季節に合わせたコーディネートもご提案させていただきますので、

お気軽にご相談くださいませ (^^)