Amtteliebe

電話番号
  • 芦屋本店:0797-23-7887
  • グランフロント大阪店:06-6377-1600
  • 江坂店:06-6380-3118
  • 河原町店:075-212-6552
資料請求 試着予約
06-6147-5558

x

x

x

BLOG

身に着ける小物の意味とは…和装編☆

皆様こんにちは。

いつもアンテリーベのブログをご覧頂き、ありがとうございます!

本日は和装をお召し頂く際に身に着ける小物について紹介致します。

【筥迫~はこせこ~】

はこせこは、江戸時代に武家の女性たちが化粧道具や懐紙を入れるために使っていたお化粧ポーチの名残です。”いつまでも美しく、身だしなみを整える”という意味も込められています。

【懐剣~かいけん~】

懐剣は帯の左側に挿します。昔は護身用として袋の中に短刀が入っていました。”自分の身は自分で守る”という花嫁の凛とした意思表示であり、また刀には神が宿るという考えから”魔除け”の役割もあります。

【末広~すえひろ~】

婚礼用の小さな扇子の事です。広げると先に向かって広がる形をしている事から、末広がりに幸福がありますようにという意味が込められています。

 

いかがでしたでしょうか。

意味を知ると小物を身に着けた時の特別感がより増えますね。

色味などでご自身らしくコーディネートして頂くのも和装の楽しみの一つです!

ぜひスタイリストにご相談くださいませ!